幼稚園ブログ

Blog >> 記事詳細

2020/08/07

セミたちの季節

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
夏休みに入ったとたんに、猛暑の日々が続いています。
2日間の園庭開放には、大勢の皆さんがいらっしゃいました。

大暑の末候は「大雨時行」ですが、こう暑いと夕方のひと雨で
涼しくなるのを期待してしまいますが、あと数日は難しそうですね。

青山表参道町会主催の善光寺でのラジオ体操に、今年は例年よりも多くの方が
参加していると聞いて、先日、私も参加してみました。
何人かの親子ともお会いすることができ、気持ちよく汗をかきました。
今日までだったようですが、早起きはぜひ続けていくといいですね。

ところで、今はまさにセミたちの季節です。
昨日は、畑の網に抜け殻を発見しました。
周りを見てみると、畑の畝の間にポッカリと穴が・・・。
ジャガイモが植わっていた、さらにその下に棲んでいたのでしょうか。
よく無事に地上に出てこられたものだと感心しました。奇跡的です。


わくわく池のそばのカイヅカイブキの木には、アブラゼミがとまって
ジリジリと鳴いていました。というわけで、このセミはオスです。


昨日は、仕事が終わらずに、ちょっと遅くなったのですが、帰り際に
もしかしたらと思って、夜の園庭探検に出掛けてみました。
すると、なんとぶぅちゃんと背比べをしていたあの竹につかまって、
羽化をしているセミに遭遇することができたのです。
羽化が始まっておそらく1時間近くは経ったところでしょう。
すでに殻から体が抜けた状態ですから、見ている間に
しわしわだった羽がすぅっと伸びていく様子を見ることができました。
この間わずか7~8分でした。







この前の段階で、背中が割れて体が出てくるときが一番大変だと思います。
まさに生みの苦しみという感じで、見ていてもつい、頑張れ!と声を掛けずには
いられない場面です。いつかその様子もご紹介したいと思います。

いつか皆さんにご紹介したいと思っていたセミの羽化の様子です。
小さなコラムでも連続写真で紹介してあります。どうぞご覧ください。

0208⑧大暑③末候(大雨時行)みちくさ いたずら こどものじかん.pdf


13:14