幼稚園ブログ

Blog >> 記事詳細

2021/01/08

季節を感じる遊びと生活

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
今日から、3学期が始まりました。
午前保育の短い時間でしたが、今日もいろいろと楽しいことがありました。


年中児が職員室にやって来て、おせち料理ができたからと見せてくれました。
それならば新年のご挨拶に伺いますと、保育室に出掛けてみると
おせち料理屋さんになって、いろいろな料理を作っていました。


新年のご挨拶をしてから、おいしそうなおせち料理をいただきました。
黒豆、伊達巻、昆布巻き、かまぼこ、エビの天ぷら・・・
箸に飾りまでついていて、かなりの豪華版です。


担任が遊びのきっかけとなるような料理(左)を作っておいたことで、
興味をもった子が、自分も作りたいと始めた遊びです。
そのことを予想して、担任はいろいろな材料を用意しておいたようです。


先生たちは、子どもたちの興味・関心や季節などいろいろなことを考えて、
教材を用意したり、環境を整えたりします。
それがヒットすることもれば、空振りになることもあります。
そのように試行錯誤すること、子どもと一緒に遊びを創り出すことは
保育のおもしろさ、魅力の一つなのです。

別の子は、クリスマスの頃の遊びを思い出したのか、職員室に
「園長先生は何がほしい?」と聞きに来てくれました。
「けん玉かな?」と答えると、だいぶ経ってから、
「園長先生、階段のところ見た?」と不思議なことを言いにきました。


一体何のことかと後を付いて行って見ると、階段のところに大きな袋が
掛けてあり、その中に、かわいいけん玉が入っていたのです。
お礼を言って、さっそく遊ばせてもらいました。
年末のサンタクロースごっこも、まだ続いていたようです。

という訳で、2学期最後の日の様子をコラムにまとめましたので、
読みいただけたらうれしいです。

0212⑱冬至②次候(麋角解)みちくさ いたずら こどものじかん.pdf


18:44