幼稚園ブログ

Blog >> 記事詳細

2021/02/05

それぞれの学級の劇づくり

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
2月2日の節分、2月3日の立春という珍しい季節の節目を過ぎました。
土工場づくりの様子をご紹介していましたが、それは園生活のほんの一部です。
その他にも、紹介したい日々楽しい遊びや子どもの育ちがたくさんあるのですが、
今日は、生活発表会で発表する劇づくりの様子をお知らせします。


年少あんず組は「ポポくんのミックスジュース」というお話です。
遊びの中で作ってきたいろいろな果物が小道具になって、
動物たちが先生や友達とのやり取りを楽しんでいます。


年少いちご組は「もりのはなまる温泉」です。
動物たちが、温泉につかってお互いの背中を流し合ったり、湯上りに
ジュースを飲んだりすることを楽しんでいます。


年中たんぽぽ組は、「3時のお茶に来てください」という手紙を
見付けた動物たちが、手紙の主のところへ電車に乗って出掛けるようです。


すみれ組は、いろいろな動物たちが「ごきげんのわるいコックさん」の
ごきげんを直すためにいろいろなアイデアを工夫して、そのやり取りを
毎日楽しんでいます。


年長さくら組は、アリババと40人の盗賊です。
土工場を作っていたときの鼻歌が、劇の中でアリババが畑仕事を
するときの歌になっています。


かえで組は、「11匹のねこふくろのなか」です。
劇の練習中はもちろん、にゃーにゃーとねこになって
歌いながら歩いています。

絵本を読んで、楽しい場面の表現遊びを楽しんでいくところから
始まって、少しずつお面や小道具などを作って遊ぶところから
劇をしようという流れで進んでいます。

来週の生活発表会をどうぞお楽しみに。
18:34