港区教育委員会学校教育部では、Twitterで港区の教育に関する情報発信を行っています。
↓↓↓

 

【港区教育委員会からのお知らせ】

MINATO×TEACHERS CHANNELSが開設しました!

緊急情報

【現在、緊急のお知らせはありません】

 

お知らせ

【6月22日更新】
今日は
未就園児の会についてさなコラム 夏 芒種まん延防止等重点措置の適用に伴う対応についてなど、いくつかの記事を更新しましたので、ご確認いただきたいと思います。ひよこ組のご案内 改訂版ご確認ください。

【6月17日更新】
今日は青南まつりでした。様々な感染対策を行い、子どもたちだけのおまつりでしたが、間接的に保護者の皆さんと一緒の新しい形の青南まつりになりました。ブログのコーナー
無事に開催!青南まつりをご覧いただければうれしいです。

【6月8日更新】
小さなコラム「みちくさ いたずら こどものじかん」のコーナーに、今年の小満の様子を
さなコラム 夏 小満として昨年の小さなコラムと合わせて紹介しました。ご覧いただけたらうれしいです。


【6月7日更新】
園長あいさつのコーナーに、今年度の
園長あいさつを掲載しましたので、ご覧いただければ幸いです。

【4月13日更新】

今年度も以下のリーフレットのように感染症対策をしながらの日々となります。
ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

02_【リーフレット】港区立幼稚園、小中学校 新型コロナウイルス感染症に対応した学校生活プラン(pdf).pdf


☆園児募集について☆

現在、3歳児、4歳児、5歳児ともに空きがあります。

入園を随時受け付けています。お電話をお待ちしています。
03-3402-0758 です。

都心とは思えない恵まれた自然環境の中で、心の根っこを育てます。

 

幼稚園ブログ

Blog
12345
2021/06/17new

無事に開催!青南まつり!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
昨日お伝えしたように、今日は青南まつりでした。遊戯室に年長児がお店を作り、年少・年中児がお客さんとしてやってくるという形のおまつりです。


各家庭で親子で作ってきてくれた提灯は、年少組の分は自分たちの廊下に飾って、毎日見上げていました。


遊戯室の入口には、年長児が作ったうちわの形の「せいなんまつり」の看板がお客さんを迎えました。「マスクをしてね」の注意書きがあるのが今どきです。


年中・年長児が親子で作ってきてくれた提灯は遊戯室に飾って、おまつりの雰囲気をぐっと盛り上げてくれました。


たこ焼き屋さんは、お客さんが来ると「いくつほしいですか?」「青のりのせますか」などと聞いて、一生懸命手分けして対応していました。


フワフワのたこ焼きに青のりも載せてもらった年少さん。おいしそうだね。


金魚やヨーヨーは、紙などを丸めて形を整えてカラービニールで巻いたものです。


昨日は小さい子の手が届くかどうか考えていましたが、実際に来てくれた小さいお客さんたちにやさしく寄り添って対応していました。


人形とお面屋さんは、案内してきた小さい子たちにリクエストを聞いて、好きなお面を渡してあげていました。


自分たちが描いたお面を小さい子たちが喜んでかぶってくれているのを見るのは、作った子たちにとっても誇らしい気持ちのようです。


輪投げ屋さんは、新聞紙を細く丸めて輪にしたものを的を目がけて投げます。


足元にビニールテープで印が付けてあり、学年ごとにレベルを変えていました。うまく的にはまって大喜びの年少さんを見て、思わすみんな笑顔になりました。


おやつ屋さんには、綿菓子、かき氷、キャンディーなど甘いものがたくさんあります。バーコードリーダー付きのレジスターもあって、品物の数を確認しながら上手に操作していて、微笑ましかったです。


お客さんを迎えることはうれしいことですが、年長児にとっても初めての経験ですから、昨夜はちょっとドキドキしたという子もいました。初めてのときは、大人だって同じです。このような気持ちを味わい、やってみたらみんなが喜んでくれて、やってよかったという体験が何より大事です。


むしむしランドには、自分たちが園庭で見付けて興味をもって見た感動から生まれたハチやトンボなどがいます。緩衝材などをカラービニールで包んで、虫の形にして、羽を付けて、木に止まるようにマジックテープを使っています。


ケースや箱に入っている作った虫たちを双眼鏡で見られるサービスもあり、ちゃんと双眼鏡を使ってアオムシくんを覗き込んでいます。


隣のお面屋さんでお面をもらってから、ラーメンを食べにきた年少さんたち。ラーメンのトッピングのリクエストを聞くと、すぐに厨房にその指示が飛んでいきます。


年長児はお店屋さんとして働くのはもちろんですが、小さい子を案内する役も果たしていたのです。周りの様子を見て、込んでいるところを避け、どこに行きたいかも聞きながら案内してあげるやさしいお兄さんお姉さんです。


年少児はおまつりを楽しんだ後は、晴れ間が見えた園庭に出て、ダンスを踊り、その後砂場で遊び始めました。


ところが、しばらくすると突然空が暗くなり、黒雲からどっと大粒の雨が落ちてきました。梅雨ですね。今日は室内だけの青南まつりで助かりました。


これは、PTAのまつり委員の皆さんが準備してくれていたおみやげです。保護者の皆さんの丁寧な仕事ぶりがこれを見ても分かります。


帰りまでに各保育室に届けてもらい、子どもたちに渡すと大喜びでした。子どもたちも保護者の皆さんも、先生たちも、みんなの頑張りが一つになった、新しい形の青南まつりが無事に終わりました。まつり委員の皆さん、本当にありがとうございました。
16:03
2021/06/16new

今年は新しい形の青南まつりです!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
今年は、PTA役員やまつり委員の皆さんとオンライン会議なども使っていろいろと相談し、密を避けて、集まらなくても長く楽しめる工夫がたくさん施されている新しい形の青南まつりです。


その第一が、各家庭で一つずつ提灯を作って、それを飾るという取り組みです。9日の水曜日に一斉に集め、それを委員の皆さんが確認したり、ひもに結んでくれたりしました。材料の準備や作り方を特設サイトにアップしてくれたのもPTAの皆さんです。


作業の様子を3階に見に行くと、すでに確認作業が終わっており、クラスカラーに分かれて、個性豊かなかわいい提灯たちがきれいに整列していました。


14日の月曜日には、ひもに結んで、後は先生たちが保育後に遊戯室や廊下に飾るだけというところまで、まつり委員さんが作業をしてくれました。


他にも、子どもたちにはまだ内緒のうれしいお土産の準備なども、3階のみんなの部屋や会議室で、短時間で作業を進めてくれていました。黒板にありがとうございますのメッセージを書いておいたのですが、お返事が書いてくれてありました。心が温まるうれしいやり取りでした。


PTA役員さんのお力で、関係者限定の特設サイトが開設されており、明日のおまつりが終わっても、おみやげの中にあるうちわに絵を描いてそれをみんなが見られるようにするなどの工夫が凝らされています。

今回は地域の未就園児親子に来ていただくことも、在園児親子が一堂に介することもできません。しかし、それを補って余りある、新しい形の親子で一緒に創り上げる青南まつりがすでに始まっています。

特設サイトに、これまでの青南まつりの歴史や今年の様子などをまとめた「青南まつりに寄せて」という文章をアップしてもらいました。こちらにも掲載しますので、お読みいただけたらうれしいです。

030615 青南まつりに寄せて.pdf


昨年は、7月末に小さなおまつりを行いました。今年のまつりも、年長児の取り組みとしては、昨年の小さなおまつりと同じ考え方で取り組んでいます。参考までに昨年の小さなおまつりのことをまとめた小さなコラムをご紹介します。

0207⑧大暑②次候(土潤溽暑)みちくさ いたずら こどものじかん.pdf

19:40
2021/06/16new

明日は青南まつり

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
昨年は開催できなかった青南まつりですが、今年は園児だけの青南まつりを明日開催します。


今日、年長児は、部屋で少し遊んでから、遊戯室に集まって、まずはみんなで盆踊りを踊って楽しみました。


踊り終わって、先週から本格的に準備をしてきた青南まつりの仕上げをしようと、相談しました。今回は7つのお店ができています。実際にお客さんとして来てもらうのは、明日、年少、年中が学級ごとにやってきます。店番も半分に分かれて行います。


積木やキングブロックなどでそれぞれのお店の場を仲間で作り、これまで作ってきた品物などを並べて準備を始めました。


「おやつ屋さん」には綿あめやキャンディー、かき氷などがきれいに並んでいます。看板が倒れないように一生懸命裏からテープを貼っている様子が、いじらしかったです。


最初は場をどう作るか相談が進んでいなかった「人形とお面屋さん」も、しばらくして行ってみると相談がまとまったようで、ディプレイの仕方も昨日までとは変わって、取り外しができるように工夫されていました。


「たこ焼き屋さん」の看板のところには、かわいいタコがいて、たぶんその口の中にもう一匹の赤ちゃんダコもいるはずです。ハチマキを巻いて、張り切ってお客を呼び込むそうです。器に盛りつけた後に「秘伝のソース」を塗って提供するそうです。


「ヨーヨーと金魚屋さん」は、磁石を使って、ヨーヨーなどを釣れるようです。小さい子が遊ぶときに、積み木などをどう置いたら遊びやすいか、先生からアドバイスをしながら、一緒に考えています。


「輪投げ屋さん」は、場づくりの最初に、看板を取りに行った子に気付いて、仲間が運ぶのを手伝い、二人で運んで来ました。今回はグループ活動ですが、そのような小さなことを一つ一つ積み重ねていくことを大事にしています。


「ラーメン屋さん」は、器にはスープが入っていて、麺は毛糸、細かく作ったメンマやなるとなどのトッピングを3種類選べるようになっているそうです。昨日は、具材を作る子、看板を作る子と手分けをして準備をしていました。


準備がほぼ整ったところで、明日のシミュレーションをしました。「ムシムシランド」では、虫を見たり採ったりできるそうですが、手で採るのではなく、虫取り網を使うそうです。双眼鏡もあって、じっくり観察もできるようです。

他のグループも店番を交代することを考えて、助っ人もできるようにお客さんをどう迎えるか、確認しました。みんなでエイエイオー!と気合いを入れて準備完了です。


その後、年少組、年中組に明日のおまつりの案内状を届けにいきました。


「うれしいね」「明日楽しみだね」と大喜びです。明日が来るのが待ち遠しいですね。




18:31
2021/05/25

次なるおいしい実りのために

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
ユスラウメの奥では、ブドウがフェンスにぐんぐんと伸びています。


小さい房も見え始めています。放っておくと、どんどん伸びてフェンスの外や上に行ってしまう勢い「つる」の生命力にも驚かされます。


多くの草木は冬の休んでいる時期に芽が出る枝を残して古い枝を落とす剪定作業をします。今回はブドウも、1月末にかなり強めに剪定をしてみました。


南側のフェンス工事が決まっていたので、こちら側はすべて切ってしまいました。


子どもたちと一緒に作業をしていたときから、こんなに切ってしまって、本当にちゃんと伸びてくるかちょっと心配していました。


しかし、4か月たって、修理が終わったフェンスには、もうこんなに伸びて絡まっています。数日見に行かないと、その生長ぶりに驚かされます。


ユスラウメ
は、年長児しか味わうことができませんでしたので、ブドウはたくさん実ってほしいと思って手入れをしています。特に、つるは子どもたちが見たり手で触れるようにと、シュロ縄でちょうどいいところに誘引する作業を折にふれてしています。


ブドウの房が手に届くところにあるので、何だろう?かわいいな!と思って取ってしまう子もいますが、幼稚園の植物はそれもお役目ですね。そんな試練も乗り越えてたくさんの実を付けてくれますように・・・。楽しみにしています。

16:39
2021/05/19

初夏の味覚、ユスラウメ

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
青南幼稚園の園庭は、豊かな自然の恵みの宝庫です。
築山の上のフェンス際のブドウの横の笹の間に、今年もかわいい赤い実が生りました。



この小さな赤い実は何だかご存じでしょうか?


これがユスラウメです。漢字で書くと「梅桃」だと思っていましたが、調べてみると「梅桜」「桜桃」「山桜桃梅」などとも書くそうです。不思議ですね。


昨年は臨時休業中で子どもたちが味わうことができませんでした。今年も実りましたが、残念ながらそれほど数が実っていませんでした。週末のうちにアレルギーチェックのアンケートをお願いしたのは、せっかくの実りを時期を逸してしまってはもったいないと思ったからでした。


月曜日には、まだ気付いていない子たちに知らせ、早く食べたいねと話しました。


火曜日、小雨が降る中、晴れ間を縫って年長児が収穫にやってきました。ざっと数えても年長児が食べるのが精いっぱいだと思っていたので、幼稚園を代表しての収穫です。


数人ずつやってきて、「あった!」「見える?」「届くかな」と声を掛けながら、みんなそうっと取っていました。


今年の収穫はこれだけの超貴重品となりました。南青山産の赤く透き通ったかわいいユスラウメの実です。


珍しいものや収穫物などは、みんなで共有することが自然に行われているのが、青南幼稚園のすてきなところです。すぐに年少組に収穫のお知らせに行きました。


その後、職員室に届け、「洗っておいてください」とお願いしました。


遊戯室での遊びの片付けが終わった頃を見計らって、子どもたちが食べる前に、改めてユスラウメのことを紹介し、みんなの前で一粒食べて見せました。どんな味がするのか期待が高まります。


ユスラウメの数は残念ながら子どもたちの数よりも少なかったので、職員室で洗った後、切ってもらい、弁当の時間に一人半分ずつ配りました。


初めて食べた子がほとんどだったと思います。おそるおそる口にする子、大事そうに口にする子・・・。半分だけで味を十分に感じられたかどうかは分かりませんが、「甘い」「酸っぱい」「甘くて酸っぱい」などと答えてくれました。


大人になったときに、ふっと嗅いだ匂いや食べた味から小さい頃の記憶が蘇った経験は誰もがあるのではないでしょうか。初夏の味覚の一つとして、子どもたちの舌の記憶に、ほんのりとでも残ってくれたらうれしいです。
そして、初夏の自然からの恵みに改めて感謝です。「ごちそうさまでした!」
11:10
12345