港区教育委員会学校教育部では、Twitterで港区の教育に関する情報発信を行っています。
↓↓↓

 

【港区教育委員会からのお知らせ】

MINATO×TEACHERS CHANNELSが開設しました!

緊急情報

【現在、緊急のお知らせはありません】

 

お知らせ

【5月6日更新】
連休前のことですが、長年青南幼稚園でお勤めいただいた先生の離任式の様子をブログに掲載しましたので、ご覧いただけたらうれしいです。

【4月30日更新】
ブログにこいのぼりのこと、今日のこどもの日子ども会のことを紹介しましたので、ご覧いただければうれしいです。

【4月28日更新】
みなときっずなびハンドブックが更新されましたので、
リンクを新しく貼り直しました。ぜひご覧ください。

【4月27日更新】
小さなコラムのコーナーを更新して、二十四節気「穀雨」の
様子をお伝えしています。

緊急事態宣言の再発令に伴う幼稚園、小中学校の教育活動に
ついてを掲載していますので、改めてご確認ください。

030424 緊急事態宣言の再発令に伴う幼稚園、小中学校の教育活動について .pdf


【4月23日更新】
保護者専用ページに、PTA総会の資料をアップしてありますので
パスワードを入れてご覧ください。
がくぷりでもご覧いただけます。

【4月20日更新】
幼稚園概要のコーナーに、今年度の経営計画を掲載しました。
コロナ禍でも前向きに、身の丈に合った子どものペースを大事にし、
豊かな自然環境を生かした実践と研究も進めます。
子どもも大人も育ち合い、青南がみんなの心のふるさととなりますように。

【4月19日更新】
大変お待たせしました。
今年度も未就園児の会「ひよこ組」を実施します。

030415 ひよこぐみのお知らせ(年間)短辺綴じ.pdf


ただし、昨年度と同様に、1回10組限定となります。
5月分の申し込みは、
4月23日(金)14:30~16:00に
電話 3402-0758 までお願いします。

1回の電話で、5月の2回分の申し込みを受け付けます。
また、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、
今後また変更することもありますので、こまめに
ホームページをご確認ください。


【4月13日更新】
今年度も以下のリーフレットのように感染症対策をしながらの日々となります。
ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

02_【リーフレット】港区立幼稚園、小中学校 新型コロナウイルス感染症に対応した学校生活プラン(pdf).pdf


☆園児募集について☆

令和3年度の園児募集については、新3歳児、新4歳児、新5歳児ともに

空きがあります。
入園を随時受け付けています。
お電話をお待ちしています。
03-3402-0758 です。

都心とは思えない恵まれた自然環境の中で、心の根っこを育てます。

 

幼稚園ブログ

Blog >> 記事詳細

2021/04/15

春休み中にまとめて安全対策!

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者111
新年度を迎えるにあたって、春休み中に、様々な気になっていた
ところを集中的に改修工事してもらいました。


年長2学級のテラス側の掃き出しドアは建付けがあまりよくなく
今回は枠ごと取り替えてもらう工事をしてもらいました。
お陰様でとてもスムーズに開け閉めできるようになりました。


森のハウスの屋根部分は腐食が進んでいたので一旦外して
新しいものを付け直してもらいました。


バラ門から通用門側に上がっていくスロープはオーダーメイドで
新しくしてもらいました。


年長組の園庭履きを入れる靴箱は年少組の物と同じきれいな靴箱に
取り替えてもらいました。


歩道側に傾いていたフェンスは、土台からの改修工事を行いました。










この改修工事が一番大きな工事で、何日も掛かり、
大事業でしたが、お陰様できれいになりました。
築山の丸太も合わせて取り替えてもらいました。


掲示板を一つ西側の角のフェンスのところに移動しました。

こちらの掲示板には、3月末に東京新聞の大図解という企画で
取り上げられた「遊びが学びの原点」
「幼児教育の父」倉橋惣三に学ぶという記事を掲示しています。

また、その企画に連動して、毎週火曜日に掲載されている
「子育て温故知新-倉橋惣三の言葉と私ー」というすてきな
コーナーも紹介しています。
立ち止まって見ていただいている方も多く、うれしく思います。


昨日からは、PTA活動や未就園児の会などで保護者の皆さんが
通ることが多い3階の廊下にも、同じ記事を貼るスペースを作りました。

子育ては夢のある創造的な本当に楽しい営みです。
しかし、子どもは大人の思い通りには動いてはくれませんから
子育ての悩みや不安はたくさんあるでしょう。
そんなときに、倉橋惣三の言葉は私たちに柔らいヒントを与えてくれます。

3月に紹介した幼児教育じほうの3月号に掲載した私の文章にも
倉橋惣三の句を紹介しています。
私が園丁という言葉を意識して保育に関わっているのは、
倉橋惣三の思いを大切に思っているからです。
17:13